FC2ブログ
2021年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2008.06.08 (Sun)

合格なイヌの飼い主とは

肩こり持ちです、私です。ど~も、こんばんは☆
鎖骨辺りのリンパと肩甲骨が酷い。。。





さて、





以前、【犬の飼い主力検定】を受けました      結果過去ログはコチラ⇒






その合格証書と合格カードが届きました~^^

SANY0465.jpg



【あなたは本協会が実施した動物愛護社会化検定基礎編≪犬の飼い主検定≫に合格したことを証します】


カード



【マナー・ルールを守り、よき犬の飼い主として、社会の模範になるように努めて下さい。】






そ~ですね^^



愛犬家として、社会の模範になる様なイチ飼い主でいなければなりませんね^^



自主的に受験して合格した私が言うのもナンですが、



合格まで後一歩だった母上も立派な飼い主です!!



今回の検定は


歴史や法規などもあり、普段イヌを飼う知識以上のものもありました。


(前もって勉強すればよい話ですが・・・^^;)


なので、


事前に何も調べず、ただ自分の知識力検定状態だった母上^^;



そんな、(要領の悪い)母上も立派な飼い主です!!!






今から約15年前



我が家にG.ピレニーズ♂の【県々】が来ました。



小学生だった私がペットショップで見て欲しい!と言って買って貰いました。


そのペットショップの看板犬でいつも入り口に居て、どんだけでっかくなるかも、幼いながらも知っていました。


そんだけでっかい犬種だから、どんだけご飯を食べるかも、知っていました。


可愛がる自身もありました。



その当時、かなり高かったのも記憶にあります。



何度もペットショップに足を運んだのも覚えています。


そして、


遂に【このコがいい!!】と言って、買って貰いました。


生後2~3ヶ月だったと思いますが、既にかなりでかくて


箱の蓋をする事も儘ならず^^; (手提げが着いたメロンを入れる様な箱っぽいモノ)


締めずに開けて帰った思い出があります。


そこから‘買った’から‘飼った’へ変わるわけですが・・・。




その時点では


G.ピレ(超大型犬)がどんな病気になりやすいとかまでは知るはずも無く。



毎日かわゆい動くぬいぐるみの様に県々を可愛がっていました。


躾けの方法も分からない状態でしたが、可愛がりました。


吠える事も少なく、穏やかで優しいコでした。


今の様な安全で安心出来るFOODではありませんでしたが、お腹一杯食べ、


近所の人からも県々、県々と言って貰って、幸せな日々を過ごしてたと思います。


その県々がある日、


近所のおじさんと散歩に行って帰ってきてまもなく、


嘔吐を始め、吐血までし始めました。


この時、約3歳だったと思います。


既に、大型犬特有の股関節形成不全の症状が出ていました。



飼い主皆、ビックリしすぐに動物病院にいきました。


あらゆる検査、治療をしてもらい胃の中も洗浄してもらいました。



(タヌキやイノシシ退治かわかりませんが)ちくわの穴の中に農薬を詰めて農道に撒いてあったモノを散歩中に食べてしまった様です。


散歩させてくれてたおじさんが悪い訳でもなく、


拾って食べた県々が悪い訳でもなく、、


躾けてなかった飼い主が悪い訳で。。。



そこから何日もケージに入れられ、獣医さんの懸命な処置と24時間の点滴で、いつ亡くなってもおかしくない状態が続きました。


何度もお見舞いに行きました。


中学生になった私もチューブが繋がれ、ぐったり横たわる県々の姿に涙が出てきたのを覚えています。


何度も何度もお見舞いに行きました。


それから数週間だったでしょうか、


県々が退院するまでに回復しました。


といっても、


寝たきりでおしめをし、身体を起こして支えてやりながらのご飯。


月に2度程、獣医さんの往診。


数時間に一度の寝返り介護。


するとまた、おしめの交換。


こんな日々が何年も続きました。


中学・高校生になり、私は部活や塾、遊びで昔程かまってやる時間が持てず。


もしかすると、動けない県々を思春期の私は昔の様な気持ちでは接していなかったのかもしれません。


お散歩に行ける訳でもなく、なに一つ楽しい事が無かっただろう、県々。


それでも生きる事を諦めず、懸命に生きてくれました。


そんな県々の介護を母上は必死にしてくれていました。


床ずれが出来れば、そこにお手製ドーナツクッションを作り、


耳に水が溜まれば、注射器で抜き取り。


いつしか、皆、それは母上の仕事だとも思っていたのでしょう。


そんな日々が何年か続きました。


ある夜、母上がお風呂に数十分入って上がってきたら、


県々が息を引き取っていたそうです。


その目には涙を流した後があったそうです。


私は大学に進学し、大阪にいたので電話越しに最後を送ってやるしかできませんでした。


母上は、


『県々が最後一人で逝ってしもた。看取ってやれんでごめんな。』


と言っていました。




あやまるのは私の方です。


『県々、ごめんな、ありがと。母上、色々ありがと。』




県々が居なくなって約8年。


今、5DOGsがいます。


飼い主として、後悔しない様に飼いたいと思っています。


飼い主として、愛犬が『幸せだった』と思ってくれる様な犬生を送って欲しいと思っています。


img058.jpg



私の母上は立派な飼い主です。








犬の飼い主力検定は合格せんかったけどNё^^;




**良い子の皆しゃんは『動物が可愛いから飼う』と安易な事は言いっこナシよ^^**
            
            ****飼育は計画的に!****



県々の事は今でも思い出すと涙が出てきます。オマケに鼻水まで出てきました^^;
   ↓   励みになります、クリックありがと!
L・Rランキング5

長々とお付き合いありがとございましたm^^m
   ↓   こっちもクリックして下さい!!!
BランキングI


スポンサーサイト



5DOGsもランキングに参加中!押して帰ってNё♪
   ↓ ↓ ↓ ↓
ブログ村 ラブラドール
人気ブログランキング

     jumee☆faceA1明日も笑って過ごせます様~にjumee☆faceA1
EDIT  |  22:43  |  B.J.日記  |  CM(10)  |  Top↑

*Comment

県県は、お母さんにお世話してもらって幸せでしたね。
家族と一緒にいたかったから、頑張ってたんだと思うよ。
本当はもっと元気で長生きできたと思うと悲しいけど。
私も物心ついた頃から常に犬がいたけど、今思えば後悔することばかり。
その分ソフィーを大切にしなきゃな、なんて。
検定を受けようとする気持ちも、合格して自信に繋がるのも
すごく褒められることだと思うよ。B.J.crewさんは偉い。
お母さんも検定はあと一歩だったけど、
飼い主としては100点満点の素敵な人ですね^^
マルコ |  2008.06.09(月) 00:01 |  URL |  【コメント編集】

きっと検定合格しなかった中には 母上のような しっかりした飼い主も沢山いたかもしれないね

あの巨体を介護した母上は凄い方ですね~
人間より重たく感じるかもしれないのに・・
身体は大丈夫だったのだろうか??と 心配してしまったが
現に今 元気に動いてらっしゃるようだから 腰とか大丈夫だったんだね~
変な心配をしてしまった・・

毒物って すごい辛いらしいね・・
雫のパパが3歳で毒物で3日間苦しんだあと 亡くなったんだ
その経過を聞いていたから 見ているだけでも凄いのだから 本犬はもっとしんどいのだろうな~って思う

ピレネーだからか? 命は取り留めたんだね
後悔先に立たずでさ 忙しい時はしょうがないのだろうな~
子供なんて そんなものなのかも?
それで 次に自分で飼ったときに そのときの経験が 今 役に経っているのではないだろうか?

きっと 私の娘も 今は高校1年 部活で構う暇なんぞありゃしない
でも ジェナはもう11歳  もう先が見えているようだし・・

きっとB.J.crewさんのような 気持ちをもつかもしれないな・・ きっとね

で 次は 素敵な飼い主になるんだよって 私は思うんだ~
ジェナママ |  2008.06.09(月) 07:05 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちわ。

母上さま。
検定とか目に見えるところではない
ところで、気持ち的に心的に100点満点いやいや
それ以上のりっぱな素敵な飼い主さんです。
そして、そんな母上さまと県々のおかげで、今の親分しゃん
がいるんですよね♪県々も関心しとるですよ、きっと。

あーっ、それにしてもやさしとそうな眼差しの県々が
昔いた秋田犬の「ゴロ」と重なって、さらに涙倍増計画ですよ・・・。
しかも、会社で・・・。(仕事しろっ)
ごろ |  2008.06.09(月) 15:02 |  URL |  【コメント編集】

母上.crewに、頭が下がる思いです。
母上.crewの愛の深さを胸に感じながら読ませていただきました。
飼い主としての責任うんぬんなんてもの以前に、姿は犬でも、猫でも、鳥でも
家族として惜しみない愛情をそそぐこと。愛情がただ可愛がりや甘やかすことではないこと。
いろんなことを考えております。。。
B.Jさま、ステキな母上に育てられたのですね。
県々のこと、母上のこと、B.Jちゃまの気持ち、色々胸に溢れてきちゃいました。
あわび夫人 |  2008.06.09(月) 21:35 |  URL |  【コメント編集】

VIVIパパ泣いちゃいました・・・。

B.Jさんの気持ちよくわかります・・・

B.Jさんのメーセージちゃんと受け取りました・・・

B.Jさんの思い、これからちゃんと伝えて行きます・・・


5DOGSは本当幸せだなぁ~。

我が家もそんな幸せな関係、築いて行きますね^^
VIVIパパ |  2008.06.09(月) 22:32 |  URL |  【コメント編集】

■どきっ!

母上いつ検定受けたっけ?
アルツィーひどくなったなぁ・・・
たぶん受けたんだよ・・・でも覚えてねーーーーー!!!

な~んて、B.J.Crewさんの母上ね!
も~びっくらこいたさ~
のぞきに来たら「母上」って書いてあるからさ~
も~てっきり母上の事かと思ったよ~
ってその書き方がまぎらわしーーーんじゃっって?

紛らわしくてすんません、ぎゅうの母上でして(汗)


それにしても、最後までたどり着く前に涙でしたよ。
がんばって生きた県県、がんばった母上。
命の大切さが良く伝わりましただ(涙)
母上 |  2008.06.10(火) 21:21 |  URL |  【コメント編集】

■あっ、言い忘れた。

母上も肩こり持ちなのね~・・・
きっときっとB.J.Crewさんの方が
若くて(ふんっだ!)、きれーなので
こんなこと言うのも気が引けるが
な~んて実のところそんなことB型は気にしてねーが
似てるとこたくさんやな~

ラブと暮らしてる
手がデカイ
肩こり
嫁に行ってない(涙)
その予定もねー(号泣)
・・・
母上 |  2008.06.10(火) 21:27 |  URL |  【コメント編集】

■お返事遅くなってゴメザンス!

>マルコしゃま

幼い子が動物を飼いたい!って思う気持ち、とても大切にしてあげたいと母心の私。

マルコしゃまもず~とDOGがいた日常だったんですね^^
死を受け入れた時に悲しさと後悔で一杯でしたが、
年齢を重ねた今、とても彼には感謝しています。
きっと県々が居なければ、今程DOGsが好きだったか分かりません。

ソフィーちゃまを大切にしたい!と思う気持ち、ちゃんと届いてますYO^^




>ジェナママしゃま

そ~ですね^^;県々は♂にしては小さい方だったのですが・・・
50㌔弱はあったと思います。(確実に安室ちゃんより重いね 笑)
でも、そのツケか仕事上か、肩や膝やガタが来ている様です。

時々、毒物を散歩中の犬が食べて・・・ってニュースでもしていますが、可哀相で仕方がありません。
悲しいかな、ほぼ亡くなってしますそうです。
例外もありますが、やっぱり身体が大きいコは小型犬に比べて体力的にも強いそうです。
いっちゃんの障害もL・Rだったから助かったのかもしれないと言われました。

娘しゃま、まさにソノ時の私の様な感じなんでしょうね^^;
ソノ時は後悔しましたが、5DOGsを目の前にして良い経験だったと思っています。
今、県々にはごめんね!より、ありがとって言える気がします。

B.J.crew |  2008.06.11(水) 01:16 |  URL |  【コメント編集】

■お返事遅くなってゴメザンス!!

>ごろしゃま

このコメ閲覧下さってる時もお仕事中でしょうか^^?お疲れ様です
秋田ワンコ~´▽`分かります!
あの切れ上がったツブラナ瞳~♪
かわゆいですよね~
私、柴ワンコ&秋田ワンコ見たら、【八代亜紀】とリンクさせてしまうんです^^;
ごろしゃまのお名前は先代犬の『ゴロちゃま』から来てるんですね!(ウ~ン、納得!)

県々もそ~思ってくれてたら、嬉しいです^^
ごろしゃまもゴロちゃまが献身的なガツ曽根ちゃまの介助に拍手してると思いますYO^^




>あわび殿

そ~ですよね!
一つの命を育てる、命を預かると言うのは人も動物も変わらないんですよね^^
何でも小さい時はカワユイのです。
小さいから気に留めるのも分かるんです。
ただ、年老いて死を迎える時にこそ無償の愛情って出てくるんぢゃないだろうか?とも思ってます。
その無償の愛情を注げる様、日々愛情を注ぐのも必要な訳で*^^*

5DOGsが死を迎える時、‘飼い主として後悔しない人生’
以上に、‘愛犬が後悔しない犬生’を送って欲しいと思っています。



B.J.crew |  2008.06.11(水) 01:35 |  URL |  【コメント編集】

■お返事遅くなってゴメザンス!!!

>VIVIパパしゃま

ぶっちゃけ、私も自分で書いておきながら、思い出しながら書きながら、
涙が溢れでてきてまして・・・^^;
読み直すたびに、涙が・・・鼻水が・・・でございます^д^;

命を飼う以上、年齢なんて関係ないんですよね!
責任持てなければ、最初から飼わない方が良いんですよね!!
健康で何不自由ないDOGs達の命が人意的に消される事、悔しくて仕方がないです。
皆、懸命に生きてるのにね!

TAKUちゃまの分までVIVIちゃま、竜之介ちゃまに素敵な時間を^^




>母上しゃま

ぎゃははっは!!!
‘ぎゅうちゃまの母上’と言うテイで読み直したトコロ・・・
最後の最後【私の母上は・・・】ってトコでようやく『別人ぢゃねぇ!?』
と分かる位ですね(笑)
こちらこそ、紛らわしくてゴメスでス!!

無駄な命、要らない命なんてないんですよね!
『感謝して生かせてもらわなければ、バチが当たる! by(私の)母上』

似てますね(笑)
ただ、永遠の23歳はまだまだ嫁に参るには早過ぎますぞ! ̄▽ ̄!
もっと熟成させて下さ~い♪
でもって、
ちなみにワタクシ、B型ではありませんでした~^^
そして、
オイシイ事に悲しいかなワタクシ、顔チェキで
【クリームシチュー 有田】似でしたから (爆)
B.J.crew |  2008.06.11(水) 01:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |